wellbe dog school ウェルビードッグスクール ブログ|わんこの輪 2017-5

ポメ わんこの輪 2017-5

こんにちは、刈屋です。

今回のわんこの輪は刈屋の大切な生徒わんとの思い出です。

この「わんこの輪」ブログはレッスン風景での生徒ワンの写真や卒業された方から写真などの近況をいただくと掲載させていただいております。「わんこの輪」の意味は、わんことのご縁「=輪」で繋がったみんな(ワンとヒト)を指し、これは愛犬と飼い主さんのご縁(=輪)でもありウェルビーもご縁(=輪)を感じております!

ポメラニアンのステファニーちゃん♪
ポメ
頂いた素敵なお写真、飾らせていただいています。(左にチラッと見えるの柴犬のお尻写真は刈屋の原点メリーちゃん)

5ヵ月半だったステフちゃんとパパさん、ママさん、との出会いは2003年の5月でした。わんこを飼うのが初めてだったパパさん、ママさんに基本的な接し方をレクチャーするためのプライベートレッスンで伺いました。刈屋がトレーナーになってまだ丸2年くらいの時のことです。

あまり他人や他犬と出会ったことがなかったので当時4歳だったといち坊を連れて一緒の空間にいるレッスンなどもしました。
ポメ
パパさんが撮影してくださいました。みんな若い~!私にとってもとても思い出深い写真です。 右の足が刈屋です^^

みんな対面(ガン飛ばし)にならないように上手に一緒の空間にいれてますね♪

といち坊が何もしないので自信と余裕が出て来たステフちゃんは
ポメ
といちの顔の方ではなく後方からアプローチ、上手!

ちょこっとプライベートレッスンが進んだところで当時在籍していたコンパニオンドッグスクールプレイボゥでナーサリー(保育園)を開設したのでそちらが合うのでは?とのことでそちらに引き継ぎとなりました。

実はステフちゃんは知る人ぞ知る有名ワン。でもそのことはあまりパパさんママさんは知りません。私もそこまで有名わんだとは思っていませんでした^^

それは何故かというと、ナーサリー開設当初からいるステフちゃんは一番の古株さん。たくさんの後輩わんに「いぬたるもの」の姿勢をお手本として見せてくれていることと、たくさんのトレーナーの卵さん達が研修でステフちゃんと会っているのです。

師匠である森山先生が大好きだったステフちゃん。森山先生のお膝に乗ると先生が「チュテフー♪」と赤ちゃん言葉で話しかけるのです^^疲れた様子で帰ってきてもコロっと赤ちゃん言葉になる先生みんなで笑った記憶があります。本当に甘え上手・癒し上手なステフちゃん。みーーーーーーんなに愛され続けてきました。

姿は見えなくなってしまいましたが、まだきっと虹の橋からいろいろなメッセージを我々に送ってくれることと思います。ステフちゃんと出会えたことを誇りに思います。感謝。(写真の掲載許可をいただきましたパパさん、ママさんにも感謝です。きっとこの記事見ても泣いてしまうかと思いますが、良い涙になっていくことを願っています)

ステフちゃんに愛の拍手をお願いします。
 ↓

この記事へのコメントを投稿します

TOPへ戻る