wellbe dog school ウェルビードッグスクール ブログ|ウェルビー秋の運動会 in りとんち ご報告!

Remo ウェルビー秋の運動会 in りとんち ご報告!

こんにちは、刈屋です。

先週末の19日(土)、秋の運動会を行いました!
あいにくの降水確率でしたが、思っていたよりも明るくそんなに降らず広い母屋の中で滞りなく開催となりました。

また、プロカメラマンHIROさんの撮影もありました。
Remo
本当はりとんちらしい「晴天・青天、日差しの中を」と願っていましたらそこはプロの腕でカバーして頂きました。
とりあえず簡易バージョン(HIROさんのロゴ入り)を。仕上がりはまた改めて後日に♪

さて、競技!
競技という響きはのんびりをモットーとするウェルビーにはあまり似合いませんね^^
りとんち
第一種目は母屋全体を使った『お宝発見クイズ!』

築50年のトトロの出てきそうな風合いのある日本家屋の中の至る所にお宝(笑)を仕込みました。

それをわんこと一緒に探し回り見つけ、それを刈屋のところまでもってくるとクイズの回答権を得ます。
クイズ
そのクイズもお宝の色によって「1、アメリカ横断ウルトラクイズの一般問題」の4択、「2、犬の飼い主検定問題」の3択、「3、刈屋作成の犬問題」の〇×クイズと様々。

難問から奇問まで皆さん「知るかー!」とか「なんじゃそりゃー!」と素敵な反応♪

競技になったり、「探す」という目的ができると『自分の愛犬とどうコミュニケーションをとるか』や『他のわんことの距離の取り方・影響の与え方』などが忘れがちになります。そういった部分も課題であり、そんな状況も愛犬と楽しむ心を忘れずいることが真の目的であったりします。
クイズ
楽しみながらも愛犬との心の会話はできていましたでしょうか?

第二種目はノーズワークボックス!

10個の箱の中にレバーのオヤツを2か所仕込みました。
ノーズワーク
わんこの反応をみて、何番の箱に入っているか「愛犬の鼻を信じて任せる」ことと「観察」が肝のゲームとなります。

日頃、「この子は何かを見つけた時にどんな反応や表現をするか」何気に観察ができているかを気付けます。

わんこの分だけいろんな表現があります。
ノーズワーク
この子は鼻を箱につけませんでしたが確実に嗅いでます(笑)

シニアわんのチップ君。
若い頃にレッスンをし、またシニアになり最近プライベートレッスンを復活。
歯磨きなどができるようになり、チップの得意分野のノーズワークも少し始めていたところです。
ノーズワーク
飼いやすいタイプではないチップ氏(ごめんなさいね)、でも本当にここ最近チップとママさんの心の会話が端から見ていて羨ましいくらい素敵なのです。

競技はというとなんと3組が完璧にサーチ!2か所を的中させました。
なので急遽決勝戦を開催!しかも2か所のうちひとつは超難しく隠しました。

みんな悩みに悩み・・・2か所難問も的中させたのは辻&Remo(8か月)ペア。
Remo
他の2組も超ニアピン。だって難問は5番の箱だったのですがそれぞれ4番・6番を選択。
5番周囲に匂っていたということですね!すごい!

決勝戦に行けなかったペアも0点は誰もいませんでした。
それもスゴイことだと思います!!

そして最終種目は玉入れ競争!
玉入れ
このお部屋の中にわんこがいればどんな姿勢でもOK。

廊下に出たり、ボールを追いかけてカゴのある部屋に入ってしまったら終了~。
玉入れ
軽いボールが微妙な距離にあるカゴに入らないこと(笑)

最初は外野がヤイノヤイノ言っていましたが、自分がやってみて「本当に入らな~い(笑)」

また、そんなボールコントロールを気にしながら愛犬とどうコミュニケーションをはかるか!
はい、そこが一番の重要ポイントです。それぞれ課題・成果得られたでしょうか
玉入れ
例によって辻センセの玉ははいらず2点
でもRemoとのコミュニケーションを優先。たくさん褒めてもらえ、ちゃんと待っていることができました。

そんな辻とRemoのやりとり。終わってから参加者から嬉しいコメントをいただきました。

『辻先生のRemoくんとの接し方もすごく勉強になりました。自分と自分のイヌに直接トレーニングを受けるのとは別の視点で、イヌとの接し方を学ぶすごく良いチャンスかと思います。これは参加しないと分からない視点ですね』

まさしく!イベントではそれを感じていただきたいのです。
「うまくやるより楽しくやる」
愛犬と一緒に、です。

それは日頃の生活からのひとつひとつのやり取りから始まっています。

  • 「何かやらせる」という課題が出た時、愛犬にそれを良いイメージとして伝えてあげられているかどうか。
  • 「させよう・させよう」として「焦り」「緊張」諸々で愛犬からのメッセージを見逃していないか。
  • 「今」愛犬はどんな感情・どんな気持ちでいるのだろうか。

苦手を理解してあげたり、できることならその苦手を一緒に克服していく、達成感を共有し心通い合う。
ただ「やらせる」のではなく。

そんな風に日頃からの関係性を見つめて頂けたらより素敵な心の会話が生まれると思うのです。
そんな関係性を日頃から築いていただきたいな、とレッスンを行っています。

大人しい子が「いい子」でも・吠える子が「悪い子」でもありません。

あ~、なんかアクティブで楽しい運動会の様子をお伝えするはずが・・・すみません。

WELLBE
WELLBEもHIROさんに撮っていただきました♪

午後には雨もやみ良かったです。
ご参加の皆様、本当にありがとうございました!

次に運動会をやる時は晴天のりとんちでお会いしましょう!!

WEB拍手復活しました!読みましたーの足跡代わりに
下の「拍手ボタン」を押していただくとお礼画面がでます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る